お知らせ

<綾歌郡I様邸>建物の気密性能を測定しました[C値]

公開日:2019年06月07日


<綾歌郡I様邸:カナダ輸入住宅セルコホーム香川>
 
先日、完成したカナダ輸入住宅セルコホーム香川・綾歌郡I様邸の「住宅気密性能測定」を実施しました!
C値の測定は、外部の測定者が専門の気密測定試験機を使って行われました。
 
綾歌郡I様邸の気密性能C値は、0.65 c㎡/㎡ という高い気密性の数字が出ました!!
 
気密性能値「C値」とは、建物の床面積1㎡当りどれくらいの隙間が有るかを表現した「隙間面積」の
割合を示した数値です。
つまり、毎日生活する中で、どれだけの空気が室内から外部に流出しているか?ということですね。
この数値がゼロに近いほど隙間が少なく、気密性が高いという訳です。
セルコホームのC値0.65c㎡/㎡とは(一般の木造住宅のC値は13c㎡/㎡)であり、
1c㎡/㎡であれば気密性が高い住宅といわれるので、綾歌郡I様邸のC値は大変優れた結果でした☆
 
世界水準の高気密・高断熱住宅がセルコホームです。
特に断熱材は、一般的な16Kグラスウールではなく、32K相当もの高密度なグラスウールを採用しています。
そのグラスウールの厚みは、天井と床には230ミリ、外周壁には140ミリが敷き込まれています☆
さらに外壁側には高耐久遮熱型透湿防水シート、室内側には調湿気密シートを採用しました。
 
セルコホームのスーパーウィンドゥも世界水準の性能です。
高断熱・遮音性・結露防止にも優れた樹脂性サッシと、
特殊な金属膜を2度コーティングしたLow-E加工+アルゴンガス入り複層ガラスが合体した窓は、
高性能な遮熱性能・断熱性能を持っています。
 
2×4工法を基本とする外気の影響を受けにくい堅牢な躯体に、高性能な断熱材や窓などの気密施工が、
1年を通して快適な室温を保てる家・セルコホームの住まいを実現。
高気密・高断熱住宅とは、冷暖房費のランニングコストを軽減できる、省エネ住宅でもあります。
セルコホームの確かな住宅性能が確認されました。
 
​ ​ 
 
​